『猪』突猛進


by type_hero
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

頁335。遠雷

うたた寝をしていた。

何処か遠くで雷が聞こえる。

窓を風が叩く音が聞こえる。

…実のところ、雷も風も自分の嗄れた声と咳だったのだけれど。

喉が痛くて飲み物を飲んでないと辛いなぁ。

不覚。

眠れぬ夜と恐らく眠いであろう明朝をどうしてよいものか…。。
[PR]
by type_hero | 2007-11-20 01:24