『猪』突猛進


by type_hero
カレンダー

<   2006年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

はい、なんだかアニメの『第何話 ~~』みたいなタイトルですが。

今月いっぱいは我が大学の5大スポーツ大会の1つ、

バレーボール大会が行われていました。

ちなみに5大とは

バレー、ソフト(全学)、ソフト(学科)、駅伝(全学)、卓球大会(全学)。

まぁ、バイオサイエンス科から見て5大であって、

他学科は他学科でソフトやバレーやってるみたいだけど。

まぁ、そんなこんなで今日は裏優勝(=3位扱い)決定戦やってました。

1セット目・我が研究室勝利

2セット目・相手研究室勝利

3セット目・15-13で相手研究室勝利


…ぅあー、すげー悔しいー!!

どれくらい悔しいかっていうと、

勝利を確信したと思ったらサイバイマンに自爆されたヤムチャくらい悔しい。

おっかしぃなぁ、

(ネットで)バレーの極意を学んだと思ったのに。

おっかしいなぁ、

ジーンズがからになるくらい頑張ったのに。

a0049739_18483959.jpg
















青→(バレー)→緑

ついでに言うと靴もからになった。

a0049739_185135100.jpg
















安全靴でバレーしたのが敗因?

…あぁ、腕がプルプルする。

日記書くのもしんどい。

けど、それでもやっぱりスポーツするのは楽しいなあ。

社会人になってもこういうスポーティーなイベントやりたいです。

…しかし、腕が震える…。。。
[PR]
by type_hero | 2006-07-27 18:54

頁124。巨人の国の豚カツ

とんまさ、というお店があります。
友達が『ここの豚カツは量が半端じゃないぜ』とか言うので
『どぅれ、喰ってみようかい』と行ってきました。

結論からすると、まぁ、後悔したわけでw

では、その豚カツをお目見え。

a0049739_22265064.jpg
















豚肉650グラム。

皿が、見えないっ!
しかもこの豚カツ、平面的な大きさだけでなく…

a0049739_22281256.jpg
















教科書並みの厚さ

かように立体的な大きさまで兼ね備えているのですよ。
24年生きてきましたが、噛み切るのが困難な分厚さの豚カツってのは初めて。

もうね、一番大きい一切れなんて豚カツと言うよりむしろ鈍器。
いや、凶器かな? 狂気かもしれぬw

豚カツ自体は凄い美味いんですよ?
美味いんですけど、ね。
たこ焼きとかゼリーとかで散々学んできたはずなのに、
再び痛感する巨大な食品への挑戦の愚かさよw

結局、ラスト半切れがどーーーしても食べられず残してしまいました。
すると、店主のお言葉が。

『お兄ちゃん、食べ切れんかったんか。
その7倍を食べた女の人もいるんよー?』

…7倍!?
7倍って…、4.5kgっすよ?
4.5kgってもう、一歳の赤ちゃんぐらいの重さじゃん…。。
世の中には化け物じみた胃袋の人がいるんですね…。

ちなみに友達が食べた若鶏定食(大)はこちら↓

a0049739_22372815.jpg
















さながらバベルの塔

立てた割り箸と同じ高さに積まれてますw
彼も食いきれず残したのですが、
彼がギブアップしたときに残ってた量が、恐らく普通の店の大盛り。
彼は持ち帰り用の容器貰って持ち帰ってましたが、
冷蔵庫の無い彼がアレをどうするつもりなのか、非常に気になります。
[PR]
by type_hero | 2006-07-23 22:42 | 食物関連

頁123。続・野菜生活

つい先日、カゴメの野菜生活を話題にしました。

その時は裏面の記載に関する話題でしたが、

今日、実は表にも驚くべき点を見出しました!

研究室の冷蔵庫で見つけた、2年前の野菜生活(この時点でオカシイw)

下記の写真は左が2年前の製品、右が今年の製品です。

さぁ、間違いをさがせ!!

a0049739_03499.jpg







…正解は、野菜が8種類から15種類に増えてる……!!

密かな企業努力を垣間見ました。

しかし、大根とかアスパラガスとか入ってこんな味になるのは不思議やなぁ。


【余談】

ガソリンスタンドにて1000円だけガソリンを入れたらこんなんくれました↓

a0049739_061232.jpg
















比較対照、マウス

…パン1斤って、久々に見たなぁ。

最近のガソリンスタンドは変わったサービスをしてるんですね…。

1000円でコレがオマケって得した気分だけど、

一人暮らしで朝食抜くこと多い自分には消費するのは一大作業だなー。。。
[PR]
by type_hero | 2006-07-22 00:08 | 食物関連

頁122。鉾

今日の修士1年、二人の会話の一部を抜粋。

男「なぁ、最近あった…京都の、祭。…あー、なんだっけ?」

女「祇園?」

男「そうそう! それで、あの男の人たちが担いでるモノは何?」

女「鉾(ほこ)?」

男「え、ポコ?」


京都の歴史が幾ら長くとも、

鉾をポコと聞き間違えた奴はなかなかいないのではなかろうか…w
[PR]
by type_hero | 2006-07-21 02:44

頁121。死亡遊戯

今日は大雨警報のせいで、小学校・幼稚園が休みになったらしく
技術補佐員の女性の子供が二人、研究室に来ていました。
小学一年生の兄と、幼稚園の年中の妹。
親族ならいざしらず、他人のお子さんの写真をアップするのは気が引けるので
載せませんが、これが素直で元気で可愛い兄妹なんですわ!

『仕事終わったら遊びに来てねー!!』
という声に負けて実験の合間合間に遊びに行く俺でした♪
体力的には子供の相手で疲れましたが、
精神的には非常に楽しい時間でしたわ。

指さえ短くなければ、ホントに保父目指したほうが幸せだったかもシレヌ。。
ちなみに無邪気に残酷な一言も飛び出ました。

『お兄ちゃん、何歳?』
『んー? 24歳やー』
『24歳なのになんでココにいるの?』
『………(ただの屍のようだ)』

イタイ、イタイよその質問は…。
彼の目は、キラキラと輝いていて…。
24歳という年齢を今までで一番重く感じさせられた一言でした…。。

話変わって。
以前、マイミクの日記に感想が書かれていたDVD『g@me』を観ました!
以前に感想を書いたレイクサイド・マーダーケース同様に、
東野圭吾さんが原作の映画です!

a0049739_0351795.jpg





@を使う理由は不明。

感想としては名作ではないが、秀作! かな。
次々に起こるどんでん返し、ゲームがゲームを呼ぶ連鎖、
スリルのある駆け引き、全てが飽きさせずに最後まで鑑賞させる力がありました。

以下かーなーり、ネタバレ含む感想。
観た人、観てないけどいいやって人は白文字にしてるので反転してください。。


『恋愛ゲーム』としての側面では藤木直人、仲間由紀恵のキャスティングは正解。
でも『誘拐ゲーム』としてはイマイチ迫力に欠けた感がありました。
というか、お嬢様的な服装が仲間由紀恵に似合わないことといったらもうw

ゲームの仕掛け手と獲物が入れ替わるストーリー展開は
流石に東野圭吾原作と唸ってしまう秀逸な出来だと思います。
これなら原作読んでも面白そう。

微妙に気に食わなかった点としては。
やっぱラストかな。
仲間由紀恵の選択も分かるようで何か納得いかないし、
藤木直人も『ゲーム・オーバーか…』って諦めるの!?

個人的には『レイクサイド・マーダーケース』よりこっちのほうが好み。
作家さんって『作風』とも言われるようにある種の固有のストーリー展開に
偏ってしまう感があるけれど、
東野さんは多様なストーリーを描けるところが素直に凄いと思う。
でも白夜行みたいな心理情景に重きをおいた作品よりは、
こういうスリルと駆け引きに満ちた話のほうが映画的には楽しめます。

[PR]
by type_hero | 2006-07-20 00:34 | 映画感想

頁120。吾輩は猫である

今日は京都で祇園祭・宵山が始まり盛り上がっていることでしょう。
それなのに今日の吾輩ときたら、

a0049739_2211497.jpg
















名前はまだ無い(実話)

一日中、こーんな感じで過ごしてました。
怠惰、ここに極まれり。
んんんー、夢と現実の世界が曖昧…zzz
[PR]
by type_hero | 2006-07-15 22:03

頁119。百『菓』繚乱

※昨日の日記に関して。
『ビタミンAの量が何故、振れ幅が広いか』への自分なりに推測した答えと
ビタミンAの過剰摂取の影響を昨日の日記のコメント欄に記しました。
前者はあくまで推測、後者は他ウェブページから抜粋・改稿したものなので
信頼性にはイマイチ欠けますが参考までにどうぞ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

先日、うちの研究室の助教授に第一子が誕生しました!
そんな訳で今日はささやかながら出産祝いをしたのですが…。
見よ、この素晴らしい光景を★

a0049739_1504950.jpg












百『菓』繚乱


22種類のケーキ、1種類のタルト(3.5号)、2種類のロールケーキ揃い踏み!!
いやー、人数分ケーキを個別にそろえようとしたらこんなことにw
何が楽しかったって、ケーキを注文するとき
『全てのケーキを1種類ずつ下さい』
という夢のような台詞を言えた事♪
いやー気分爽快でしたよ!!


【余談】
祝っているとき、夕立なのかかなーり激しい雨が降っていました。
雷鳴をも伴う激しい雨です。
ふと、窓から寮の方角を見ると…

a0049739_1544848.jpg
















その雨、まるで絶望の如く

ふ、布団を干している人がいる…!!
うぁー、容赦も慈悲も希望も粉砕するように
あの布団はずぶ濡れになったのでしょう…。
きっと彼らは今頃、枕をも涙で濡らしていることでしょう…。
[PR]
by type_hero | 2006-07-15 01:58 | 食物関連

頁118。野菜生活

クーラーをつけっぱで寝たら風邪を引いてしまいました。。
とはいえ、今日一日引き篭もって療養したので快復してきてます。

んで、一日引き篭もると言うのはなかなかに骨の折れる作業でして。
本当に退屈。
退屈な時間が嫌いなのか、
嫌いな時間が退屈なのか、
という問いを真剣に考えてみるほどに退屈でした。

そんな暇暇なせいで野菜生活の栄養成分表示とか見てたら、
変なことに気付きました。

a0049739_033359.jpg
















製品の裏って結構好き

ビタミンAの含有量がちょっと曖昧すぎやしないか?
最低値と最高値で約4倍も差が…。
ネットによるとビタミンAは

1日の所要量  :600μg(成人男子)
許容摂取上限量:1500μg

んで野菜生活のビタミンAは270~940μg。
これは如何なることか。
1缶で1日の摂取量をまかなえるかもしれないし、足りないかもしれない。
かといって2缶飲むと上限を越えるかも知れないし、
2缶飲んでも必要摂取量に満たないかもしれないのである。

…まぁ、答えは出ないので答えを期待してた人には申し訳ない。
誰か栄養学の知識とかあってこの疑問に答えられる人がいたら教えてください。。


余談ですが。
野菜生活に記載されている材料をミキサーで混ぜたら、
自家製野菜生活ができるのだろうか。
基本的に果汁・野菜汁オンリーでできているはずだから理論上はできるんだろうけど…。
気になる。
ミキサーさえあれば実際にやってみるんだが…。

さらに余談。
果汁は『かじゅう』と読む。
ならば『野菜汁』はなんと読むんだろう…?
個人的には『やさいじゅう』と読むのに違和感が…。
ワープロで打つときは『やさいじる』で打っているのだが…。
こちらも正解を募集しようw
[PR]
by type_hero | 2006-07-14 00:16 | 食物関連

頁117。季節観一考

母親からお中元(の横流し)が来ましたー♪
野菜生活が24缶入ったセット。
一人暮らしで自炊率低下→野菜分低下してるので嬉しい限り。

ところで話変わって。
皆さんはお中元・暑中見舞・残暑お見舞の違いが判ります?

~7月上旬           :お中元
7月中旬~八月上旬(立秋):暑中見舞
立秋~9月の秋分の日   :残暑見舞

としっかり分かれているのですよー。
案外、知らない人も多いみたいですけど、
勘違いしてお中元のつもりで暑中見舞としてると、
デパートが『気を利かして』発送を遅らせることもあるらしいので注意です。

ついでに寒中見舞がいつかというと…

1月中旬~2月初旬(立春) です。

つまり12月に『寒中見舞』の葉書を出したら、それはNGですのでお気をつけて。
ちなみに自分は、こういう日本独自の四季折々に応じた表現が好きです。
これが英語だと、

暑中見舞:summer greeting
残暑見舞:late-summer greeting

…そのまんまじゃん!
ってな訳です。風情が無いよ、風情が。
基本的に言語はその土地の特色に応じた表現が増える傾向にあるそうです。
つまり、馬と共に生きる生活がメインだったモンゴルでは
馬の分類を表す言葉が毛色・年齢・性別など非常に細かい分類であり、
雨の多い日本では五月雨・霧雨・驟雨など雨の表現が増えるのです。

つまり、日本がこんなに四季折々の表現を細かく多く持っているということは、
今までの歴史でその季節の移り変わりを重要視していたのでしょう。
それを想うと自分を含めて今の人は季節の移り変わりに鈍感になっている気がします。
季節は春夏秋冬だけで成り立っているわけではなく、
1月7日:春の七草 =芹、薺、菘、蘿蔔、仏の座、御形、繁縷
3月3日:ひな祭り  =桃の節句
5月5日:こどもの日=菖蒲の節句
7月7日:七夕    =笹、竹
9月9日:重陽    =菊の節句
のように、各『季節』を楽しめるように身近な行事として残っています。

自分もこーんな高尚なことを考えて毎日を過ごしているわけではないですが、
何気ない行事の裏に在る昔ながらの意味を時折知りながら、
一味違った視点で日本の『季節』を1年中楽しめたらいいな、と想います。
皆さんも暇なときでいいから、暦や行事、星の意味を調べると案外面白いですよ!

以上、益体も無いことをつらつらと語ってしまいました。
[PR]
by type_hero | 2006-07-13 00:41

頁116。路傍の誤字

先日、大和高田市に行きました。

カントリーサインの残りの市町村を潰し始めた…訳ではなく。

まぁ、所用があっただけなんですが。

その途中であった看板↓

a0049739_22444879.jpg
















方言…ではないハズ

赤で囲まれた部分、読めますか?

投げ捨てなそくう

たぶん、『投げ捨てなくそう』の間違い。

この後に出てきた同様の看板は、『なそくう』部分がテープで隠されていたので

単に間違っちゃったんだろー。

最初は「どういう意味だろう」と必死に考えてしまったけど。。

これを見てそんなにテンションが上がった訳でもないんだけど、

こういう路上や出版物の誤字脱字などを集めた

『VOW』って本を思い出して懐かしさに浸ったのでした。

結構好きだったんだけどまだ続いているのかなー。
[PR]
by type_hero | 2006-07-11 22:50